1015 エビガラスズメの幼虫

エビガラスズメ丸々太った芋虫が道路を横切ってゆく。人差指くらいで8㎝もある。ノコノコ行く二匹に道端まで御出で願っての撮影。色にはバラエティがあるらしい。充分に肥えていて、蛹になる場所を模索中だったのかもしれない。見事な生き物に出会った。親もこれまた迫力を持った蛾で、夕方、耳元近く風を切って「ブーン」と小気味よく飛ぶ。揚げて食べると美味しいという。昆虫食の草分け。