1004 接合資料

接合資料石核と原石石を割って石器を作り、もとの石の形に復元する。これがなかなか難しい。だから面白い。丸石のハンマーで作った尖頭器様の石核。使用した石材は長流川の河原の流紋岩。黒曜石、頁岩のない地域だ。旧石器から縄文の時代、人々は生活に必要な道具をどのように作ったか。接合してゆくと、石器製作の手順や、テクニックの良し悪しが見えてくる。

私は\遺跡からの遺物を研究する専門家ではない。文化人類学的好奇心から、動物の道具使用、人類の進化と文化の成り立ち、変遷に興味がある。我々と同じ手、身体、頭脳をもつ人々が、身の周りの自然をどのように利用したのか。石器作成の技術の在り方、伝え方、その応用などについて考えている。